★Authors' PROFILES

★Other Sites
★CATEGORIES
★NEW ENTRIES
★RECENT TRACKBACK
★ARCHIVES
★TICKER
★LINKS
★Music: Weekly TOP10
★OTHERS
… RECOMMEND
必要なる天使
必要なる天使 (JUGEMレビュー »)
マッシモ カッチャーリ, Massimo Cacciari, 柱本 元彦, 岡田 温司
存在の彼方へ
存在の彼方へ (JUGEMレビュー »)
E. レヴィナス, Emmanuel L´evinas, 合田 正人
全体性と無限 (上)
全体性と無限 (上) (JUGEMレビュー »)
レヴィナス, 熊野 純彦
実存から実存者へ
実存から実存者へ (JUGEMレビュー »)
エマニュエル レヴィナス, Emmanuel L´evinas, 西谷 修
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない (JUGEMレビュー »)
マリー=フランス イルゴイエンヌ, Marie‐France Hirigoyen, 高野 優
九鬼周造『偶然性の問題・文芸論』
九鬼周造『偶然性の問題・文芸論』 (JUGEMレビュー »)
大峯 顕, 大橋 良介, 長谷 正当, 上田 閑照, 坂部 恵

Credo, quia impossible est

ありえないもののために
出来事は出来する。 それは〈わたし〉に出来る。 そして物語が出来上がる。
それは〈美しい現実〉という物語である。 (三重人格複合体NoVALIS666






<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


[-]
スポンサーサイト(author: スポンサードリンク )

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | スポンサードリンク | - | - |
[poesies]
エンノイア (1988 for mari)(author: NoVALIS666 )
崩れるひとみがわたしへと振り返る、
彼女のひらいた口もとにすためいていたおこ
       /思い出すことのできない破裂音の
崩れる言葉でわたしを定めようとする。

Photobucket - Video and Image Hostingきみは何を視たのか エンノイアよ
何故、わたしへと脅えるのか、きみは知らない
すがりつく手首に蒼い脈動がはち切れそうに浮かんでいた
打ち寄せる問いで からだをいっぱいにしながら
きみはわたしを掴んだまま 海に墜ちてしまう
もうあのとき きみは亡骸だったのか
エンノイアよ 答えておくれ
きみはわたしを見失い
厳冬の海のしわぶきと白いかもめに
形跡あとかたも無く食べられてしまったのか
きみはわたしを見失い
わたしがきみを喪う刹那に
わたしに何を見定めたのか

きみは夜に拡がる エンノイアよ
果てしない闇空をつややかなひとみにして
きみのまなざしが宇宙を呑みこむ
満点の星座から銀の視線がわたしへと降り注ぐ
きみはわたしを眺めている エンノイアよ
わたしはきみの最央さなかにいる 夢見られているのだ
死んだのではなかったのだね エンノイアよ
エンノイアよ 答えておくれ
夜道を何処までもきみを捜し
尋ねて歩くわたしに現われておくれ
きみは彼方で瞼を閉じ わたしの夢を見続けている(のか)
続きを読む >>
| poesies | 22:56 | NoVALIS666 | comments(0) | trackbacks(0) |
[NoVALIS666随想]
わたしはあなたを殺したい(author: NoVALIS666 )

わたしはあなたを殺したい。


 あなたがどこのどいつであるかなど
 知ったことではない。
 わたしがどこのどいつであるかなど
 あなたの知ったことではないように。
 
 あなたはケネディ大統領かもしれないし、
 わたしの大嫌いなジョン・レノンかもしれない。
 糞ったれの金貸しババアかもしれないし、
 クック・ロビンかもしれない。
 しみったれたネコかもしれないし、
 ふるいつきたくなる美人かもしれない。
 あるいはまた、
 遥か未来に全人類を救いにいらっしゃるという
 お目出度い弥勒菩薩かもしれないが、
 そんなことわたしにはどうだっていい。

 暗闇のなかで前にいる
 間抜けなあなたの頭に銃口を押し付けて、
 わたしが言ってやる台詞は同じだ。

 〈おまえを殺してやる〉
続きを読む >>
| NoVALIS666随想 | 04:43 | NoVALIS666 | comments(0) | trackbacks(0) |
[NoVALIS666随想]
みにくいクリスマス(author: 赤ちゃん )


 クリスマスというのはいつでもみにくい。
 かがやきに覆われ人々が馬鹿になるそのとき、
 美しい祭が捏造される。
続きを読む >>
| NoVALIS666随想 | 03:45 | 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
[文芸小品]
ありえないコップのおはなし(author: NoVALIS666 )
Cheshire cat 形而上学的最終戦争ハルマゲドンの宣戦を布告する。
 それは次のような爆弾発言である。
 私はテーブルの上にコップを置き、
 あなたにこう言うのである。

 「ここに、コップがある」と。

 これが爆弾発言だ。あなたは首を傾げる。
 何故それが爆弾発言であるのかがあなたには分からないからである。

 それは爆弾発言であるにしては、
 余りにも静かでそして当たり前のことを言っているだけに過ぎないと
 あなたには思われるからである。

 しかし、あなたは知らないのだ。

 あなたはそのとき既に私の放った爆弾に爆破されて、
 跡形もなく消え失せてしまった後なのだ。

続きを読む >>
| 文芸小品 | 02:41 | NoVALIS666 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Music Life]
Dreamlike Horror(author: NoVALIS666 )
DREAMLIKE HORROR

myspaceに参加して、あっちこっちウロウロしているとき、たまさか通りかっかった人のページでかかった曲が気に入って、そのまんま拾って自分のプロフに貼り付けてしまったアーチストです。当然、それまで全然知りませんでした。

ジャンルは"Gothic / Ambient / Black Metal"らしいんだが、僕、意外と全然、音楽の方のゴスって知らないし、Black Metalっての、いかにも好きそうに見えるらしい(mixiなんかではよくそんなふうに誤解されてます。悪魔学コミュとかやってるせいなんだろうけどサ)んだが、大半は生理的に受け付けません。いや、それどころか、大嫌いだといっても過言ではない程に不愉快なクダラネー悪魔気取りの醜悪ブザマなバカばっかりで辟易してる。はっきりいって、偏見もってます。

だけど、そんなジャンルがどーたらいうつまんねえ話は措いといて、この Dreamlike Horror の A Solitary Moment にはウットリと聞き惚れてしまった。女性らしい優しく切ない叙情性があって、とても綺麗なヴォーカルです。

そう、僕はね、繊細でリリカルなGothが一番好きなんだよ! 泣き泣きの女性ヴォーカルだとね、もう堪んないの! おセンチなオヤジで悪かったな! ふんっ! 。。。と、ちょっと照れ隠しに開き直ってみる。 
続きを読む >>
| Music Life | 21:34 | NoVALIS666 | comments(0) | trackbacks(0) |
[NoVALIS666日記]
定めの日付け(author: 神沢昌宏 )
Alchemical Wedding Tarot :X The Weel 文子、まもなく、君が亡くなってから20年目の闇が来る。
だから、もう逃げるまい。僕は君を見据えようと思う。

今日は11月17日、僕たちの出会いの記念日だ。
その夜、君は僕たちの出会いを占じて魔法の札を開いて見せた。
スプレッドも最終結果も覚えてはいない。
ただ、覚えているのは君の開いた二つの札と
最後に告げた厳かな言葉だけ。
最初の札は〈女教皇〉。そして君は言った、「これはあなた」。
次なる札は不吉な〈死神〉。だが、君は眉も動かさず、淡々と静かに告げた、「これはわたし」。
それから暫く君は黙り、ややあって、何かを心に決めたように、厳粛な語調で言った、この出会いは、〈運命〉の出会いである、と。
続きを読む >>
| NoVALIS666日記 | 03:26 | 神沢昌宏 | comments(0) | trackbacks(0) |
[SNS]
自作トンデモSNS「Abraxas」のご案内(author: NoVALIS666 )
Abraxas
とうとう自分でSNSを作ってしまいました。
【名称】Abraxas SNS
【URL】http://atpne.jp/novalis666/

内容は、お遊びまみれのトンデモSNS(にするつもり)。
SNSの常識をラジカルに或いは冗談半分に滅茶苦茶に突き破った、SNSでありながらSNSのパロディでもあるような、シュールなジョークだらけの不思議の国を目指します。
続きを読む >>
| SNS | 18:05 | NoVALIS666 | comments(0) | trackbacks(0) |
[不可能性の問題]
不可能性の問題(1996)試論2(author: 神沢昌宏 )
§2.可能性の形而上学と九鬼周造「偶然性の問題」

[承前]

 不可能性を否定的な無能性(可不可性=過負荷性)と考えるこのみにくい教えは、可能性を肯定的な有能性と考える「可能性の形而上学」の裏面でしかない。

 この「可能性の形而上学」はかなり根深いものであって、アリストテレス以来脈々と続いているものである。

 「可能性の形而上学」の考える「可能性」は素朴ではない。
 それは不可能性を無能な可不可性へと去勢的に抑圧しながら己れ自身を「可可能性」(可能なる可し)としている。
 またそれは「内可能性」(in- possibility)としての可能性、可能性からの脱出不可能性としてのさかしまの不可能性である。

 「可能性の形而上学」は可能性を他の様相に対してとりわけ卓越したものと考えている。

 そして可能性を根本様相とし、それによって他の様相(不可能性・必然性・偶然性)を規定してしまう。不可能性は(自己或いは存在の)可能性の否定、必然性は他者或いは無の可能性の否定、偶然性は他者或いは無の可能性(の肯定)という風に。
 それで、可能性そのものは何であるかというと、自己或いは存在の可能性の肯定である。

 つまり可能性の境位において、どうしても「自己」や「存在」は蘇ってくる仕組みになっている。
 自己からの脱出不可能性、存在からの脱出不可能性(cf.レヴィナス)の元凶は、実は「可能性の形而上学」にある。

 しかし、それは実際には無根拠である。様相論理学において四様相性のどれを根本様相として選択するのかは単なる「趣味」の問題でしかない。可能性・不可能性・必然性・偶然性はどれも権利上は平等である。どれを根本様相としても、四様相性相互の規定関係は形式的に不動である。

続きを読む >>
| 不可能性の問題 | 00:42 | 神沢昌宏 | comments(0) | trackbacks(0) |
[不可能性の問題]
不可能性の問題(1996)試論1(author: 神沢昌宏 )
§1.形而上学という「醜教」―有難迷惑な存在論と出来損ないの倫理学

 可能性・不可能性・必然性・偶然性の四つ組の「様相」の問題と、一人称・二人称・三人称・非人称の「人称代名詞=主語」の問題と、自己・他者・非他者・別人の「人格」の問題と、存在・実体・偶有・出来事の「帰属」の問題は、底の方で深くつながっている。

 しかし、その相互連関を解明するのを妨害する二つの実にみにくい形而上学的思考が存在する。一つは「存在論」であり、私はこれを「有難迷惑論」と命名する。もう一つは「倫理学」であり、私はこれを「出来損ない論」と命名する。
続きを読む >>
| 不可能性の問題 | 17:13 | 神沢昌宏 | comments(0) | trackbacks(1) |
[NoVALIS666日記]
「赤ちゃん革命★形而上の破壊神」ブログOPEN!(author: 赤ちゃん )
わはは。
JUGEM始めたばかりだというのに、先日、なんか、下僕のヤロウが勢いでFC2ブログまで開設してしまいました。
まあ、以前から、あっちやこっちにブログサイトOPENしちゃ放置を繰り返してきた常習犯なんですが。。

のワリに、副人格である俺様高慢女には、全然、専用サイトって無かったんです。
このまま、影薄くされてるというのもたまらんので、不届きな下僕をどやしつけて、ブログタイトルを開設当初の「不可能なる世界」から「赤ちゃん革命★形而上の破壊神」に変更させました。


続きを読む >>
| NoVALIS666日記 | 17:37 | 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |